強度と耐震の検査
ここ最近の地震災害で今だ傷も言えず心苦しい現状も有ってそれに似合う言葉も有りません。
教訓と言うにも辛いものが有ります。
自然災害を防いだり・予知する機能が発展する事を、願うばかりです。

地震大国と言われる日本に有っては、国の補助・援助も政策として期待したいものです。

個人で出来る事は耐震補強・免震構造などが上げられますが新築は勿論、改築・補強と簡単には踏み出せないものです。

そこで、ご自宅がどのような状況に有るか、築年数・劣化の度合い・シロアリなどの侵食等様々ですが、まずは住宅の健康状態を確認し、その状況に合わせて出来る限りの安心を手に入れる事をお勧めします。

一般には家屋診断士が検査などに当たります。

当社では物件の規模や状況・内容に応じて一級建築士が担当し診断士に同行してもらったり、施工のプロである大工さんや施工管理士の資格保持者、且つ実務経験豊富な人材を活用し検査に伺い、建築法や技術的な当たり前の施工が施されているかを確認いたします。